柳知希
2017
05
Oct

正しいシャンプーの仕方とは



アシスタント柳です!

 

いきなりですが、

 

 

 

“正しいシャンプーの仕方、知っていますか?”

 

 

 

(• • •知ってるような知ってないような、、、、)

 

 

 

今回は美容師がするシャンプーのポイントを紹介します!

 

大切なのは3つ!

 

 

①はじめと終わりの流し

②空気

③泡

 

 

 

まず、①流し。

 

 

みなさんどれくらい流していますか?

 

 

「シャンプーが泡立ちにくい」という声をよくいただきますが、多くの方はここでつまずいています。

 

たかが流し。されど流し、、、

髪を洗うというよりは頭皮を洗うイメージです。

 

 

 

指の腹を頭皮に密着させて、

爪があたらないようにしっかりこすって水を地肌まで通してあげてください!

 

★ショートの方でも1分、

ミディアム、ロングの方は1分半は最低でも流してください。

 

 

髪の毛と頭皮の汚れ(ワックスなどのスタイリング剤は含みません。)は、はじめの流しだけで7割落ちると言われています!!

 

 

 

②空気

 

シャンプー剤を手のひらに出して、そのまま髪につけていませんか?

 

 

 

泡立ちをよくするためには

一度手のひらになじませてあげてください!

 

 

出した直後

 

 

なじませたら、

この状態で髪につけていきます。

 

 

 

★ショートの方だと多少、髪の量が多くても

1プッシュでOKです。

ミディアムからロングの方は

1プッシュ半から2プッシュ、

ようすを見て3プッシュほど出してください。

 

 

 

③泡

 

 

シャンプー剤を髪につけて、そのまますぐ洗い出していませんか?

 

 

十分に泡だてないまま髪をこすってしまうと、

摩擦によってキューティクルが傷ついてしまいます。

 

 

 

適度に空気を含ませながら、泡だてましょう。

(、、、どうやって?)

 

 

ポイントは手のひらを少し丸めて、髪との間に少しすきまを作ってそのままくるくる回す!!!

 

 

 

 

↓これは惜しいです。△


髪の毛と手のひらの間に隙間がなく密着してしまっています。

これでは空気がはいる隙間がありません!

 

 

 

 

↓正しくは

適度な隙間が!◎

 

 

 

この状態で手のひらをくるくるまわしていくとモコモコの泡に!

 

 

目安は泡が下に垂れてこないくらいです!!

ここで泡だてた泡を髪の毛の先にもつけてください!

 

 

 

そしてこのまま地肌をマッサージするようなイメージでもみながら洗っていきます!

 

 

ポイントは顔を引き上げるようにモミモミ、、。



 

 

 

そして最後の流し!

 

 

はじめに流した時間+1分

を目安に、洗い残しのないように、しっかりしっかり流してください!!

 

 

 

 

これを守るだけでも髪を乾かした後の髪の毛の質感が変わるので

ぜひお試しあれ!☺︎

coletteのケアリスト。 くせ毛のお悩み・ケアはご相談ください!